「トライアル雇用」って?

2015年07月22日 11:34

「トライアル雇用」
トライアル雇用とは、働いた経験が少ないことから、期間の定めのない雇用(常用雇用)での就職に不安のある方などが、常用雇用への移行を前提として、
原則3カ月間その企業で試行雇用として働いてみる制度です。
トライアル雇用の期間中は、仕事や企業について理解を深めることができ、また、労働基準法などの法律が適用され、賃金も支払われます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<トライアル雇用対象者>
① 紹介日時点で、就労経験のない職業に就くことを希望する
② 紹介日時点で、学校卒業後3年以内で、卒業後、安定した職業※1に就いていない
③ 紹介日の前日から過去2年以内に、2回以上離職や転職を繰り返している
④ 紹介日の前日時点で、離職している期間が1年を超えている※2
⑤ 妊娠、出産・育児を理由に離職し、紹介日の前日時点で、安定した職業に就いて
いない期間が1年を超えている
⑥ 就職の援助を行うに当たって、特別な配慮を要する※3
※1 期間の定めのない労働契約を締結し、1週間の所定労働時間が通常の労働者の所定労働時間と
同等であること
※2 パート・アルバイトなどを含め、一切の就労をしていないこと
※3 生活保護受給者、母子家庭の母等、父子家庭の父、日雇労働者、季節労働者、
中国残留邦人等永住帰国者、ホームレス、住居喪失不安定就労者
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

\トライアル雇用のメリット/
実際に会社で働きながら職場環境を確認できる。
あなたが納得し安心して仕事に就くことができる。
トライアル雇用であなたの可能性が広がるかもしれません。

※トライアル雇用期間終了時点で、会社が求める業務遂行の能力を満たさない場合などは、
常用雇用へ移行しないことがあります。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/trial_koyou.html
(情報元:厚生労働省)
*詳しくはお近くのハローワークへお問い合わせください。